クロード・デュガ,/gradualistic1190495.html,15840円,forum.italkmoney.com,[2018]750ml,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,シャルム・シャンベルタン 15840円 クロード・デュガ シャルム・シャンベルタン [2018]750ml ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン 15840円 クロード・デュガ シャルム・シャンベルタン [2018]750ml ビール・洋酒 ワイン 赤ワイン クロード・デュガ,/gradualistic1190495.html,15840円,forum.italkmoney.com,[2018]750ml,ビール・洋酒 , ワイン , 赤ワイン,シャルム・シャンベルタン マーケティング クロード デュガ シャルム 2018 シャンベルタン 750ml マーケティング クロード デュガ シャルム 2018 シャンベルタン 750ml

マーケティング 最大90%オフ! クロード デュガ シャルム 2018 シャンベルタン 750ml

クロード・デュガ シャルム・シャンベルタン [2018]750ml

15840円

クロード・デュガ シャルム・シャンベルタン [2018]750ml



マゾワイエールではなく本当のシャルムに区画を所有するクロード・デュガ。シャルム・シャンベルタンはジュヴレのグラン・クリュの中でも豊満なスタイルで知られるが、デュガのこのワインも同様。ただし、キメの細かなタンニンが絶妙のテンションをもたらし、骨格を形作る。凝縮した赤い果実味にスパイスや土っぽさ。平均樹齢は45年で、年間生産量はたったの3樽。開くのは比較的早いが長期熟成のポテンシャルは高い。

■テクニカル情報■
産地:コート・ド・ニュイ地区AOCシャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ
品種:ピノ・ノワール100% 畑面積:0.33ha 樹齢:40年以上 醸造:新樽率100%のバリックで18カ月熟成

★パーカーポイント:94-96点
熟れたチェリー、リコリス、燻製肉、スパイス、バラの花びらを思わせるドラマチックなアロマがほとばしるように香り立つ2018年のシャルム・シャンベルタン・グラン・クリュは、素晴らしい凝縮感と包み込まれるような感触を持つ美食によく合うフルボディ。恰幅の良い果実味がヴェルヴェットのようなタンニンをすっぽりと覆い隠している。果実味を下支えする生き生きとした極めて快活な酸は、熟した果実味を特徴とするこのヴィンテージにおいて他のワインと一線を画している。後味は余韻が長く、旨味がある。あらゆる手を尽くして探し求める価値のある素晴らしく見事なシャルムである。

■2018ヴィンテージ情報■

≪バーグハウンド誌 #77号 2020年1月10日掲載記事≫
6.7ヘクタールの土地を有するこのドメーヌを2人の姉妹たちと共に管理するクロード・デュガの息子ベルトランは、2018年ヴィンテージについて次のように語ってくれた。【ベルトラン】:「2018年は、様々な側面から見て秀逸なヴィンテージだった。この年の生育期の暑く乾燥した天候ももちろんこの年の特徴を語る上で考慮すべき点ではあるが、ワインの仕上がりの見事さも一考に値する。酷くジャミーでアルコール分の高いワインが出来ると殆どの人間が考えていたからだ。この年は、日に焼けた果粒はおろか、日に焼けた葉を一枚たりとも目にすることがなかった。収穫は8月29日から9月2日にかけて行い、これ以上にないほどクリーンな果実を収穫することが出来た。収穫量は前年の2017よりも至って低く、通常の年の収穫量を僅かに下回った。糖度と潜在アルコール度数は、高すぎず、12.5~13.2%の間に留まった。醸造も問題なく順調に進み、ワインの仕上がりは、率直に言えば期待以上だった。と言うのも、テロワールの個性がよく反映されたフレッシュなワインにはなりえないかもしれないという心配があったからだ。だが、予想に反してこの年のワインは、フレッシュで生き生きとしたエネルギッシュなワインで、仕上がりには非常に満足している。」 2018年についてのデュガの考察は核心をついており、この年のデュガのワインは、優良年の中でも最高水準にある。ドメーヌのファンにとっては目新しいワインとなるジュヴレ・シャンベルタン「ラ・マリー」は、今回が初回リリースだが、以前はジュヴレのヴィラージュにブレンドされていた。

≪ワインアドヴォケート誌2020年1月10日掲載記事≫
昨年も報じた通り、ドメーヌ・クロード・デュガは、先代のクロードから息子のベルトランと娘のレティシア、ジャンヌへの世代交代を経て、先代との違いがほんの少しずつワインのスタイルに表れてきている。2018ヴィンテージのバレル・テイスティングと瓶詰を終えた2017ヴィンテージのテイスティングを通して、デュガのワインが世代交代を経ても尚、往年に引けをとらない偉大なワインであることが改めて明らかになった。細部まで手の行き届いた丹念なブドウ栽培と集団選抜によってデュガ家に受け継がれてきた古樹のブドウは、今も変わらないが、ワインのスタイルは僅かに進化を遂げている。収穫時期は以前よりも早くなり、シャプタリゼーションをやめ、新樽の使用も控えめになった。しかし何よりも、フランソワ・フレール社から仕入れた樽を使用して以前よりも樽香が控えめになり、従来よりも全体的に調和のとれたより一体感のある味わいに仕上がっている。これが2018ヴィンテージの成功に繋がった。この年ベルトラン・デュガは、ブドウを早摘みし、生き生きとした味わいを湛えつつも凝縮感のあるワインを生み出している。この年アルコール度数が13%を上回ったワインは僅か2~3種類に留まった。デュガの2018ヴィンテージは、ほとばしるような煌めきを放つアロマと生き生きとした果実のニュアンス、この上なく洗練されたタンニン、素晴らしい深みを兼ね備えて澱、実に胸躍るようなテイスティングとなった。デュガのワインを暫く味わっていない読者には、コート・ド・ニュイで最も優れた生産者の1つであるこのドメーヌのワインを改めて味わってみることを心からお勧めしたい。

クロード・デュガ シャルム・シャンベルタン [2018]750ml

EN
Schedule & Result

PICK UP ピックアップ

NEWS ニュース

RSS

SPECIAL 特集

SPECIAL 特集

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー